保険診療の制約からはなれて、歯科医師として真に充実した人生を歩んでみませんか?

自由診療?自費診療?

自由診療?自費診療?

自由診療と自費診療、ことばでは似ていますが、意味は全く異なります。自費診療とは患者さんが治療費を自己負担するという意味で、あくまで保険診療の枠組みのなかで、保険ではカバーできない材料を使う治療を患者さんが希望された場合に、患者さん「自」らで「費」用を負担していただくというのが「自費」治療で、保険診療上の費用負担の違いを述べたものです。 

たとえ自費率が99%であっても診療体系が保険診療のままなので、保険の規則に束縛されており全く”自由”ではありません。こういう診療を私たちは『自費材料保険診療』と考えます。写真の羊のように誰かの先導で、皆でついて行くような保険診療の行く先を、多くの歯科医師が不安に、そして不満に感じています。はたして何処に辿り着くのでしょう?

 

一方、自由診療の”自由”とは歯科医師の自由裁量権の自由という意味です。裁量権のことで費用負担の区別ではありません。保険診療を全く行わないことで、歯科医師法に準拠しているかぎり、あらゆる制約から解放されます。もちろん保険の制約からもです。

それは患者さんのために卓越した医療を提供できる”自由”であり、歯科医師が自身の誇りとプライドをもった理想とする診療を、診る全ての患者さんに行える”自由”であり、家族やスタッフなどの幸せをも含めた、理想的な診療体系を構築できるという意味での”自由”です。自由診療では、治療目標も方法も順序も、診療方針も、自身の歯科人生の目的地も、あらゆること全てを自らの意思で、自由に定めることが出来ます。

 

自由診療の世界には競争がありません。またどんなに治療技術が優れていても、高度な診療機器を使いこなしても、高額な材料を使っても、自費材料保険診療では自由診療とはいえません。本当の自由診療とは、およそ1世紀も前に Dr. L. D. Pankey により提唱された『歯科診療哲学』に基づき、数世代にもわたって歴史的にも、また全世界的にも検証を受けた、保険医療とは全く次元の異なる歯科医療なのです。エクセプショナルデンティストリー研究会では Dr. L. D. Pankey の診療哲学に基づいた本当の『自由診療』をご紹介しております。

EXDI 実際の研修風景

講演会・6ヶ月セミナー

    メールでのお問合せは24時間受け付けております。
 

ごあいさつ

Dr.田山裕 

自由診療開業歴30余年

The Pamkey Institute

アドバンス特別セミナー

Pankey Institute での研修風景

セミナーを受講された先生方

フロリダ  Pankey Institute にて

Pankey Institute とは?

当研究会の指定教科書『究極の歯科自由診療』の著者 Dr. Lockard も学ばれた、自由診療を教える殿堂と言える世界的に有名な研修施設。Dr. L.D.Pankey が設立。歴史上数々の著名な歯科医を多数輩出している。

セミナー紹介動画はこちらから

http://youtu.be/RCT9pa2gMbU